外付けhdd復旧サービスの超定番┃文書や電子書類を守れ

パソコン

文書電子化メリット

システム

文書を電子化するメリットは、「業務の効率化」の面で言えば、キーワードで検索して、欲しい情報がスピーディに取り出せたり「コストの削減」の面で言えば、保管スペースが不要になるということもあるでしょう。

Read More

ファイルサーバー選び

システム

数年前は、クラウド型のファイルサーバーサービスは数えるほどしかありませんでしたが、最近では、多くのベンダーがサービスリリースしています。 「一体どのサービスを選んだらいいの?」と悩むあなたに、選定ポイントを解説します。

Read More

HDDの状態を確認

システム

まずHDDの状態がどのような状態にあるのか確認するところから始めましょう。音がしている、煙が出ている、アクセスできない、認識されない、誤って削除などトラブルの要因は様々です。

Read More

壊れる前の症状

大切なデータを保存していた外付けhddが壊れたら復旧してもらいましょう。こちらのサイトで業者を紹介しているので参考にどうぞ。

機密性の高いファイル転送は、リスクが非常に高いです。漏洩を防ぎたいのであれば、こちらの業者に依頼すると良いでしょう。

やってはいけないこととは

システム

ハードディスクが突然動かなくなったということはございますか。ハードディスクって、電化製品と一緒で寿命を意識して使うかんてことあまりないのではないでしょうか。外付けのhddも含めて、ハードディスクにも寿命がありますが、なかなか分かりにくいのが現状です。
もしかしたらのサインを見逃すことのないように、こんな現象が起こり始めたら注意が必要です。
使っている当初から比べたら異常に遅い、軽いファイルをダウンロードしても異常に遅かったりエラーになってしまったりする、異常な音がする、ブルーの画面などになってしまうなどです。
異常を感じたらまずは使用を停止し、専門の人に見てもらうということが一番のオススメです。外付けのhddのデータは復旧出来る可能性はありますが、復旧しなくともデータが残っている状態で対応したほうがはるかにリスクも少なく、金銭面的にも効率的にも良いと思います。
外付けのハードディスク壊れる要因を排除するには、日頃からほこりがたまらないようにする、熱を持ちすぎないように置き場所に気をつける、衝撃がない場所に置く、不安定な場所に置かないなどを心がけることも良いでしょう。
それでも壊れてしまったら、はやりそれは自分で対応しようとしないで見てもらったほうが良いのではないでしょうか。

今では見ることができなくなった古いビデオはDVDにダビングしましょう。こちらでは宅配を使えばすぐに申し込みが完了します。